飲食店の経営に関してコンサルタントに相談して良いお店づくりをする

婦人

揃えることで喜ばれる

ボトル

お客様に気持ちよく施設利用してもらうために、アメニティグッズを常時置くようにするといいでしょう。どういったお客様が来るかによって内容を変えることも大切です。また送料や手数料がどの程度掛かるのかも確認が必要です。

詳細を確認する

差別化と生き残りをかけて

ウェイトレス

飲食店としてカフェを開業する際、基礎的な技術を学びたいのであればスクールに通いましょう。ただ技術はすでにあるなら、セミナーなどに行って必要な知識を吸収する必要があります。セミナーに行くことで、具体的なノウハウを得ることが出来るようになります。

詳細を確認する

順調な経営をするために

レストラン

飲食店は全国各地に点在していますが、交通量が少なかったり、駅などの沿線から遠かったり、反対にレストランやカフェなどが沢山ある激戦区と言われるところだと、長期経営をするには一苦労することが多いです。現状を維持していると客足が伸びずに経営困難になる可能性もあるので、飲食店のコンサルタントに相談して、早めに対策を講じる必要があります。コンサルタントであれば、問題点を洗い出して改善案を出してくれます。また飲食店の場合、料理のバリエーションや質、価格設定が原因で客足が遠のいている可能性もあるため、コンサルタントが適切なアドバイスを行なってくれます。このコンサルタントは、いまある飲食店のみならず、これから開業を計画している人にも対応しています。

開業を計画しているのであれば、店舗の賃貸契約など結ぶ前にコンサルタントに相談するようにしましょう。そこでどういったコンセプトで飲食店経営をしたいのか、メニューはどういったものを出したいのかを伝えることによって、理想の立地条件なども提案してくれるでしょう。コンサルタントは初期の開業する際であれば50万円前後、開業後も定期顧問という形で依頼するのであれば5万円ほどを目安に費用が掛かることが多いです。コンサルタントごとに顧問料や実績、サービスや定期的にセミナーを開催してくれているかどうかも異なるので、様々な点を比較した上で契約を結びましょう。またコンサルタントにはそれぞれ得意分野もあるので、自分が目指す飲食店像に合ったところを選択することが大切です。

綺麗な状態で出すためにも

おしぼり

お客様に対して出すおしぼりは、自社で管理すると衛生面を保てなかったり、洗濯に経費が掛かったりしてしまいます。ですが貸しおしぼりであれば、専門業者が丁寧に包装まで行なってくれますし、配達も高頻度で来てもらうことが可能です。

詳細を確認する